VTuberとYouTuberの違いとは?その違いをまとめてみた

皆さんは最近話題のVTuberという仕事について詳しく知っていますか。

この言葉を聞いたことが無いという人でも、似たような言葉で数年前からよく聞くようになったYouTuberという仕事は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

この2つは、ただ名前が似ているだけではなく、共通した部分も多い仕事なのです。

では、VTuberとはどのような仕事なのでしょうか、基本的な知識についてまとめていきます。

VTuberってどんな仕事なの?

VTuberという職業を知らないという人にとって、名前を聞いただけではどんなことをしているのか、全く想像がつかないかもしれません。

そこでまずは、今話題のVTuberという仕事は、いったい何をして、どのようなシステムでお金を稼いでいるのかを紹介していきます。

YouTuberという仕事について

VTuberについて紹介する前に、この職業の元にもなっている関連職業であるYouTuberについて紹介していきます。

このYouTuberという職業については、ネットやニュースなどで聞いたことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

このYouTuberとは、自分で作成した動画を、動画配信サイトである「YouTube」に投稿している人のことをいいます。

このYouTubeでは、いくつかの条件を満たして、さらに審査を通過することによって、動画を視聴者が視聴した際に流れる広告による広告収入を受け取ることができるのです。

そのため、職業としてのYouTuberとは、YouTubeに自作の動画を投稿することにより、この広告収入を得て生活をしている人のことを指しています。

YouTubeで広告収入を受け取るための条件とは?

2020年2月現在では、YouTubeを通して広告収入を得るためには、2つの条件を満たすことが求められています。

1つ目は、過去12か月間の間に自分の投稿した動画の総視聴時間が4000時間を超えていなければならないということです。

そのため、動画を投稿したからいきなり広告収入が得られるというわけではなく、視聴者が4000時間分自分の動画を再生してくれている必要があるのです。

視聴数を増やそうと思うなら、当然視聴者が見たいと思うような動画を作らなければなりません。

他の職業と同じく、収入を得るためにいろいろと企画をしたり、努力をしなければならないのはYouTuberでも変わらないのです。

2つ目は、チャンネル登録1000人以上という条件です。

YouTubeで動画を投稿する場合、自分のチャンネルというものを開設することになります。

チャンネルとはその投稿者についてまとめたサイトのようなものです。

このチャンネルを視聴者がお気に入りとして登録することによって、投稿者が動画を投稿するたびに、視聴者にもそのことが知らされたりするようになるのです。

このチャンネル登録は、この投稿者の動画は毎回見たいと思ったからこそしてくれるファンクラブのようなものでもあります。

VTuberについて

では、最初の疑問であったVTuberとはいったい何なのかという問いについての答えを伝えていきます。

このVTuberという言葉は、実際には「バーチャルYouTuber」という言葉の略称になります。

一般的なYouTuberが自分が動画のメインとなって動画の配信を行うのに対して、このバーチャルYouTuberでは、イラストなどによってつくられた仮想のキャラクターが主役となっている動画を配信しています。

最近では3DCGのキャラクターが人間のように動きを交えながら動画を進行していきます。

ですが、すべてを機械などに任せているわけではなく、主役は仮想のキャラクターに任せながらも、声は投稿者自身が担当しているという場合も多いです。

最近ではモーションキャプチャなどの技術も発達しているため、専用のソフトさえ準備してしまえば、本物の人間に近い動きをキャラクターに反映させていくことも可能になっています。

このモーションキャプチャという技術では、動画の制作者が脚や頭、腕など様々な場所に装置をつけ、さらにヘッドセットに装着されたカメラを取り付けることで、その人の動きや表情を読み取り、画面上のキャラクターに反映していく仕組みになります。

そのため、簡単な操作で制作者が望むような人間にそっくりな動きをすることができます。

VTuberは自分が動画に登場するのではなく、自分の代わりに仮想キャラクターを登場させるので、動画などを投稿していることを人に知られたくないという場合にはおすすめです。

別のソフトなどを併用すれば、声も自分の声ではなく、機械的な音声で代用することもできます。

YouTuberとVTuberの違いについて

あくまでVTuberという職業は、YouTuberの中の一つの形態になります。

自分が動画に登場し、いろいろなことを行っていくのがYouTuber、それに対して自分は登場しない代わりに、仮想のキャラクターなどに声を当てたり、機械的な音声で喋らせながら動画を制作するのがVTuberになります。

これらはどちらが優れているというものでもなく、自分がどんな動画を投稿したいのかや、動画に自分が登場したいかどうかなどによって変わってくるものです。

もし興味がある場合には、自分がどのような動画を作りたいのかを決めてから、どちらの形式にするのかを選んでみましょう。

まとめ

VTuberはYouTuberと共に最近になって急激に有名になり、人気になってきた職業です。

その人気から、将来の夢にこれらの職業を目指したいという考えを持つ子供も増えています。

ですが、詳細まで知らずに、多くの場合で苦労するということを知らずに、人気の面だけで目指しているという人もいるかもしれません。

きちんとした知識を付けた上で、本当にVTuberを目指すべきなのか、などを考えていかなければいけません。

皆さんも親の立場などでそのような場面もあるかもしれません。

そんな時のために、VTuberがどんな職業なのか、簡単に知っておくと良いのではないでしょうか。