今話題のVTuberとは?YouTubeとの違いとおすすめVTuber5選

2年前に爆発的人気になり、ネット用語にもなっなVTuber。

VTuberという言葉自体を聞いたことがあってもYouTubeとの違いや仕組みなど全くんわからない初心者もいると思います。

そこで、違いだけでなくこれから初めて見ようかなと思われる方にむけてやり方や仕組み、おすすめのVTuberを紹介していくので、参考にしてみてください。

VTuberとは何か

まずはVTuberとは何かというかバーチャルYoutuberといい、2Dや3Dといった人ではないアバターを使って動画を投稿したり配信したりしている方をVTuberといいます。

その火付け役になったのが、ある会社が制作したVTuberのキズナアイです。

4年前に初めてのバーチャルな存在としてVTuberとして活動してから翌年には100万人の登録者数を突破したことでテレビやネットニュースでも取りあげりるようになり、爆発的に人気になりました。

YouTubeとはどこが違う

最大の違いは生身の人間ではないということですが、マーケティング的な意味もあります。

例えばアメリカの方に日本の食や技術面、ファッションなも魅力を伝えるためにアンバサダーとしてVTuberを起用するという事も増えています。

起業としてもタレントを使うよりリスクも少なく、考えた企画に合わせて動くことができます。

またYouTubeは人間なのである程度イメージが大切になりますが、VTuberの場合基本的に誰が使っているのか非公開になります。

そのため自分の顔をさらけ出さなくても済みますし、キャラクターのイメージと違ったとしても関係ありません。

また配信する側、視聴する側からしてもメリットはたくさんあり、撮影を低コストでできながらもバーチャルならではの表現が可能です。

またなりたい自分になれるとうメリットもあります。

VTuberのやり方や仕組みはどうなっているのか

撮影の方式は人それぞれ違うかもしれませんが、一般的には使っているスマホやWEBカメラ、VR機器、モーションキャプチャなどがあります。

初心者でもすぐにできるのはスマホで、アバターのメイクから配信までスマホひとつでできるアプリもかなりあります。

iPhoneXのスマホを使っているならフェイストラッキングができますし、自分の口に合わせてアバターの口も動くリップシンク機能もあります。

ボイスチェンジャーが使えないので地声になってしまいますが、カスタマイズの制限もありますが、最近ではオリジナルのアバターを使えますよ。

おすすめのVTuber

ここまでVTuberについて解説しましたが、実際にVTuberの動画をほとんどした事がない方は次の5名をみてみてください。

キズナアイ

先程も言いましたが、キズナアイはVTuber先駆けと言われており知名度も圧倒的に高いです。

投稿頻度も頻繁にあり、毎日何かの動画をアップされているので初めての人はキズナアイの編集動画を見始めてみてください。

電脳少女シロ

3年前から活動をスタートしており、キズナアイと同様にVTuber初期から活動している1人です。

ゆるふわキャラで可愛い雰囲気がありますが、ゲーム実況では嬉々として残忍な方法で人を殺すなどのギャップがあり、話題を呼んでいます。

英語も堪能ですし、全編英語動画の公開もしているので、日本人だけでなく海外の方にむけて公開もできますよ。

ミライアカリ

あの初音ミクをデザインしたことでも知られているKEIさんは性格が明るく前向きなに正統派でかなり万人うけするVTuberの1人です。

どちらかと言えば下ネタに寛容なスタイルを取っています。

ミライアカリのチャンネルは短編アニメを使って投稿しているチャンネルです。

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん

通称ねこますさんは今回紹介する中で個人で活動しているVTuberで、見た目は女の子であるにも関わらず声はおじさんで、初めての登場した時には独特で異様な存在でしたが、そんな変わった活動スタイルが話題を呼んで人気が急上昇しています。

人気なVTuberのほとんどは企業や組織で運営しているのがほとんどでしたが、撮影から編集の全てを個人でしており、多くの新規VTuberの参入を促したそうです。

今はYouTubeのチャンネルの手が離れていてチャンネル名も変更されており、不定期で活動をされています。

輝夜月

VTuberが盛り上がり始めた3年前に活動を始めたVTuberで、見た目から想像つかない特徴的な声やシラフと思えない異様な高いテンションからなる中毒性の高い動画が話題を読んでおり、短期間でたくさんとファンを得ています。

VTuberの勢いや活動開始から3週間でチャンネル登録者数が20万人を突破したそうです。

それほど投稿頻度は高くないですが、動画の平均再生回数は100万回を超えており、キズナアイに次ぐ人気があります。

まとめ

VTuberは今話題ですが、ハードルも高く必要な機器が必要になったり中々できなかった人も多いと思います。

ですが、今現在はスマホ一つで始める事ができ、気軽にアバターを作れますし、色んなソフトがでているので、初めて見たい方も触れる機会があるので、ぜひ体験してみてください。